元カノの呪いが解けなかった…鑑定した占い師が訴えられた

アメリカのある男性が「元カノにかけられた呪いを解けなかった」という理由で霊能力者を訴える、という奇妙なが事件が注目を集めている。

この奇妙な訴訟を起こしたのは、アメリカ・カリフォルニア州に住むマウロ・レストレポさん。彼はかつて付き合っていた女性が依頼した「魔女」に、結婚に対する「不運」の呪いをかけられたいう。その呪いは良いパートナーに巡り会えないとか、結婚生活が不幸に終わるといった内容だった。

この呪いは「愛のスペシャリスト」を自称する霊能者のソフィア・アダムスさんによるタロット・リーディングのセッション中に発覚、彼女はこの呪いを取り除かなければいずれレストレポさんが破滅すると主張。そして彼女は5100ドルという高額な報酬で呪文を祓うことを申し出たのだ。




だが結局、霊能者の介入は「何の役にも立たなかった」とレストレポさんは語る。結局彼は呪いを解くために最初に1000ドルの保証金を支払ったため、2500ドルの損害賠償を求めてトーランス上級裁判所に訴訟を提出している。

内容は前述の損害賠償に加えて、過失及び民事上の共謀、意図的かつ過失による精神的苦痛の付与などが加わっている。

実際に「呪い」が存在したのかどうか、祓う事ができたか等については、法廷で実際に証明できるかどうかは難しいとみられている。だが事件の特殊性を考えると、どのような結果になるのかは解らないものの、少なくともレストレポさんが被った金銭的被害を取り戻すことはできる可能性が高いとのことだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©kalhh PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る