【サウジアラビア発】真っ二つに割れた古代の巨岩『アル・ナスラー』

サウジアラビアには、アル・ナスラーと呼ばれる奇妙な巨岩が存在する。

この岩は約4000年前にできた砂岩の岩石層で、見事に真っ二つに両断されている。2つの岩の割れ目はあまりにも完璧にまっすぐなため、まるで現代のレーザー加工機で作られたかのようだと比喩されている。

この岩はサウジアラビアのテイマオアシスにあり、正確に分割された2つの岩が自然に形成された台座の上でバランスをとっているという変わった姿をしている。なお、いつの頃から存在していたのかは定かではなく、何千年もの間この地域を訪れる人々を魅了し続けている。

Rock of Naslaa AKA laser cut rock!




これは古代に超技術によって両断されたもの……だったならば面白いかもしれないが、多くの考古学者からこの岩の割れ目は自然にできたものであるという結論だ。岩の台座の上にあるのも、両断された岩が絶妙なバランスで崩れずにいるのも、自然が産み出した偶然の産物である。

ではどうしてこのような岩が出来たのか。専門家は、地殻変動や古代の火山活動の結果として形成された可能性があるとしている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る