カナダ政府公式発表!軍用機と民間機が同時に「緑色に光るUFO」目撃

7月30日の深夜、カナダの大西洋岸にあるセントローレンス湾の上空で、謎の「緑色に光るUFO」が雲の中に消えていくのを見たという報告が、軍用機と民間機の2つの航空機のパイロットから寄せられたとVice Newsが報じた。

カナダ政府の航空事故データベースに8月11日に投稿された報告書によると、2機とも “明るい緑色の飛行物体 “を目撃し、”雲の中に飛んでいった後、消えた “とのことである。幸いにもこの物体は両便の運航に影響を与えなかったと報告書には記載されている。

目撃した航空機のうち1機はカナダの軍用機で、オンタリオ州の基地からドイツのケルンに向けて飛行していた。旅客機はKLMオランダ航空の飛行機で、ボストンからアムステルダムに向かっていたところだったという。航空・海運研究者のステファン・ワトキンス氏は、2つのフライトのトランスポンダデータを見て、軍用機が目撃時に高度を300メートル上げていたことを確認している。




ワトキンス氏は、UFOが目撃された時間帯がペルセウス座流星群が目撃され始めた時間帯だったことにも指摘。前述の航空事故データベースの報告書では、「気象観測気球、流星、ロケット、UFO」の可能性があると書かれているが、彼は流星の見間違いだった可能性についても指摘している。

なお、カナダ国防省はアメリカ国防省とは異なり、UFOの目撃情報を追跡していないとカナダ国防省広報担当者はViceに語った。

果たして、戦闘機と旅客機のパイロットが目撃してしまったものは何だったのか。目撃者が複数人いるだけに、実際の正体が気になる。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©12995263 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る