グーグルアース、人里離れた砂漠に巨大な「SOS 」サインを発見!

アトラスではこれまでにもGoogle Earth等の衛星写真に捉えられた奇妙なものを紹介してきた。

先日、Google Earthにてなんと砂漠に「SOS」メッセージが書かれていることが判明した。

このメッセージというのは、ヨルダン南部の砂漠にて発見されたもので「SOS Stranded」と書かれており、Google Earthには約3年前の2019年から確認できるという。

「STRANDED」という文字の長さは約150フィート、「S」の文字の高さは27フィート、「SOS」の構成は50フィート強。また、このメッセージからそれほど遠くない場所に「NO」というサインも発見されていて、その側には2台のトラックが確認できるという。

HUGE *SOS STRANDED* sign found in REMOTE desert on Google Earth! How did they get there?




この砂漠に残された巨大なSOSは海外のオカルト系YouTubeチャンネルのMBB333にて紹介されて注目を集めた。

「この文字の配置は、飛行機や衛星、あるいは宇宙からしか見ることができません。これは、少なくとも2019年までさかのぼると思いますが、それ以外の詳細はわかりません」と語り、謎を解く鍵になるかもしれないトラックについてもあまりに小さいため詳しい事は解らないとしている。

この動画は多くの人に視聴され、関心を呼んだ。視聴者からは「誰かが当局に報告したのか?まだそこにいるかもしれない。無事かどうか知りたい」との声が寄せられている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©MrMBB333 / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る