カナダで起きたUFO騒動、正体はあのキャラクターだった

UFOこと未確認飛行物体は、そのものずばり正体が解らない飛行物体を指して呼ぶ際に用いられる呼称だ。そのため、何であれ、正体が判明した場合は「未確認」ではなくなる。

先日、カナダのトロント郊外の上空を謎の物体が横切っていく様子が多くの人に目撃されて話題になった。

8月28日土曜日、ミシソーガ市にて複数の市民が黒い奇妙な形をした物体を目撃。目撃者の一人が動画の撮影に成功し、ネット上に共有した。

この動画はオカルト系YouTubeチャンネルで紹介され、視聴者からは「フライング・ヒューマノイド」「ジェットバックを着た人」「もちろん地球外から来たUFO」など、正体について様々な説が流れた。




しかし、人々が正体について議論を戦わせていたところに、地元の人から「ついにUFOの姿をはっきりと捉えた」という写真が投下された。

それはなんと、アメリカの人気ピーナッツ菓子のキャラクター「ミスター ピーナッツ」の宣伝用バルーンだったのだ。それにしても奇妙な形状をしていることと、逆光になっていたことから、すわUFOか、と騒動になったようだ。

Mr. Peanut mistaken for UFO in Mississauga

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Mr. Peanut / Digiart2001 | jason.kuffer

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る