第二の「パターソン・ギムリン・フィルム」?アイダホ州のビッグフット

北米を代表するUMA、ビッグフット。ビッグフットを捉えた動画の有名なものがパターソン・ギムリン・フィルムだろう。

動画を見た事の無い人もいるかもしれないが、森に帰るビッグフットがこちらを振り向く瞬間を捉えた写真に見覚えのある人は多いのではないだろうか。

パターソン・ギムリン・フィルムが有名になった点として、そこそこ近くからビッグフットらしき生物の姿を捉えている点、動きや体のつくりをよく確認できる内容だった点が大きい。真偽はともあれ、この動画を超えるようなビッグフットの映像や画像はなかなか出て来ない。

そんな中、先日アイダホ州にて「第二のパターソン・ギムリン・フィルム」と言われる程のビッグフット動画が出てきて話題になっている。




MASSIVE IDAHO BIGFOOT ON VIDEO!! – Incredible Muscular Giant Sized Sasquatch On Camera!!

その映像(上記)というのが、全身が毛むくじゃらの非常に大きな類人猿らしき生物が、森の中を歩いている様子が捉えられている。顔はゴリラに似ているようだが、背中や腕の筋肉が発達しており、曲がった指先まで確認できる。撮影者は高台から、たまたまビッグフットの姿を目撃して撮影できたようだ。ビッグフットは周囲を伺ったあと、再び歩き出して去っていく様子まで記録されている。

この映像に捉えられた生物は歩き方がパターソン・ギムリン・フィルムに登場するビッグフットに似ているところがある、と専門家からの意見が寄せられている。
一方で「何度もカットされているように見える」「目の前で信じられないような光景が繰り広げられているというのに、なぜ追いかけたり角度を変えたりしないのだろう」など、映像の信憑性については疑問の声が上がっているようだ。

はたして、この動画は真偽の面でも「第二のパターソン・ギムリン・フィルム」となってしまうのか。気になる人はぜひ見てみて欲しい。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Nv Tv / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る