キリスト復活を真似した牧師、生き埋め後に死亡!

ザンビアにて牧師がイエス・キリストの復活を真似ようとしたが、死亡するという事件が発生した。

報道によると、ザンビアのチディザにあるシオン教会の牧師であるジェームズ・サカラ氏は、教会の支援金を集めるために「磔刑に処されてから3日後に復活した」というキリストの奇跡の再現に挑戦。

教会員3人が掘った墓に生き埋めにされる形で偉業を試みることにした。さすがに無謀な挑戦だと思う人も多く、イベントに出席した人々のほとんどは消極的だったそうだが、彼は手を後ろで縛られて新しく掘られた墓に横になり、上から土がかけられて本当に生き埋めになったという。




しかし、彼の「復活」はパフォーマンスにしても安全対策が非常にお粗末だった。当然のことながら、教会員が3日後に戻って彼を掘り起こしたところ、彼は「復活」どころか命を落としていたことが判明した。

救命措置が行われたり、一部の参加者が彼を復活させようと祈ったそうだがその後、サカラ氏の死亡が確認された。

この儀式を手伝った3人の男性のうちの1人はその後当局の出頭要請に答えて勾留されているそうだが、残る2人はまだ見つかっておらず、現在警察によって捜索されているという。

奇跡はそう起きないから奇跡と呼ばれるのであって、死と隣り合わせでもあることを肝に銘じておく必要があるだろう。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Marcin Mat PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る