今年の8月21日から22日にかけて放送されている、日本テレビ系『24時間テレビ~愛は地球を救う~』で開始早々、ハプニングがあったとSNS上で話題になっている。

今年の『24時間テレビ』は、昨年(2020年)に続き、新型コロナウイルス対策で無観客での開催、さらには毎年恒例のマラソンが行われない。

番組では冒頭、例年のチャリティーマラソンならぬ、今年は「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」(グランドを100キロ周回するリレー)の第一走者をつとめるKing & Princeの岸優太に中継を繋いだ。

しかし、何か中継トラブルがあったのだろうか、岸は画面越しに何かを叫んでいたのだが、スタジオおよび視聴者にはその声は全く聞こえていなかった。




そして、中継が終ると、このことをうけて総合司会の羽鳥慎一から「はい。音声は途切れてしまいましたが、想いは伝わっておりますので!」と、岸に対するナイスフォローがあった。

なお、企画開始早々の5分での音声トラブルだったために、ネット上には「おいおい」「24時間テレビ大丈夫かこれ」といった不安の声が相次いでいたようだ。

これまでにも多かれ少なかれトラブルは『『24時間テレビ』での名物ではあるが、この騒動に対しては多くの視聴者が番組の先行きに不吉さを察知したようだ。ほんとうに無事、番組が終えることはできるのだろうか。

(江戸前ライダー 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Daniel Reche PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る