「リジー・ボーデンの家」、スタッフにゴーストハンター採用を発表

以前、アトラスではアメリカでも歴史的な殺人事件の現場となったマサチューセッツ州の「リジー・ボーデンの家」が売りに出されたという件について報告した。

1892年、マサチューセッツ州フォールリバー市にてこの家に住むボーデン夫妻が斧で残殺され、娘のリジーが第一容疑者となるという事件が発生した。

最終的に証拠不十分となったもののセンセーショナルな事件は人々の記憶に残り、ボーデン家の邸宅は観光名所となった。

そんな曰く付きながらも人気の観光施設だったボーデン家の邸宅が売りに出されたのは今年の1月。価格は200万ドルであった。果たして買い手はつくのかという意見も出てきたが、幸いにしてアメリカ国内でゴーストツアーなどを主催するイベント会社Zaal社が次なる所有者になることでほぼ決定したと報じられた。

  リジー・ボーデン「殺人の家」ついに売れる!




そして、新たに「リジー・ボーデンの家」のオーナーとなったUS Ghost Adventures社は、今でもこの家に住み着いている霊に遭遇したいと願う観光客のために、毎晩ゴーストハント・ツアーを行う事を企画。このツアーを担当する「本物のゴーストハンター」を雇うと宣言した。

このアルバイトの時給は15ドルから25ドルで、応募者は1年から2年の「超常現象調査の経験」を有する事が条件となっている。それには「ゴースト・ハンティング用の機器に関する幅広い知識」と「お客様を楽しませるためのコミュニケーション能力」そして何より、毎晩幽霊を探し出すのが主な仕事となるので、「幽霊に遭遇しても怖がらない胆力」が必要となるのだとか。

果たしてどのような人材が集まるのか、気になるところだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Lizzie Borden House / jimcintosh

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る