2714年のタイムトラベラー「8月11日エイリアン船が飛来する」

アトラスでは度々ネット上に登場する自称未来人やタイムトラベラーについて紹介しているが、先日、2714年から来たという「タイムトラベラー」を自称する人物が「ペルセウス座流星群の時期に宇宙人の船が地球に着陸する」と主張する動画をTikTokにて発信して注目を集めている。

問題の動画は@aesthetictimewarperというアカウント名でアップされ、そこでは未来から来たと自称する謎の人物が、UFOとされるものについての詳細を語っている。

@aesthetictimewarper

Watch out for the Nozic… #timewarper #fypage #fyp #fypシ #timetraveler #timetravel #future #theenerging #nozics #dragons #alien #atlantis

♬ Scary – Background Sounds

「私は2714年から来た本物のタイムトラベラーだ。2021年8月11日には、驚くべきことが起こる。2週間続く非常に大きな流星群が北半球で見られますが、その中に第一次Nozic戦争の準備のために、地球に着陸する宇宙船が混じっているのです」




8月11日は夏の風物詩であるペルセウス座流星群が次第に数を増していく日でもある。日本では12日の深夜から13日の4時頃に非常に活発な状況となり、無数の流れ星を見る事ができるという。そんな流星群に紛れてUFOがやってきて着陸するのだそうだ。

@aesthetictimewarper

Watch out for this… #fyp #fypage #timetravel #timewarper #timetraveler #nozics

♬ Acid Rain – Lorn

またこのTikTokerは別の動画にて「2022年にアトランティスが発見され、2023年には宇宙人が世界の政府に侵入し、2025年には謎めいた『第一次Nozic戦争』が始まり、2028年には火星の植民地化が始まる」と予言している。

果たして8月11日、本当にUFOは飛来するのか。これが事実であれば驚くべき話であるが、数あるタイムトラベラーの中でも特に荒唐無稽な予言のため、さすがにオカルト系の話が好きな視聴者であっても信じる人は殆どいないようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Comfreak PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る