世界中で大流行し、なかなか収束しない新型コロナウィルス。歴史上、感染症は度々人類を脅かし、時には人類史に大きな変化を与えた。

新型コロナウィルスに関しても未だに不可解な点が多いが、人類史に於いて現代の科学でも解明が難しい不思議な感染症が度々流行していて人類を脅かしてきた。

【踊りのペスト(ダンシングマニア)】

読者は「踊りのペスト」という奇病を聞いたことがあるだろうか?12世紀から16世紀にかけてのヨーロッパで、死ぬまで踊り続けるという感染症病が流行ったそうだ。

「踊りのペスト」にかかると、突然患者は踊り出し、疲れ切って倒れるまで踊るのをやめず、しまいには、心臓発作や脳卒中で死んでしまう者も続出したという。

「踊りのペスト」の記録されている最も古い流行は7世紀にさかのぼる。その後、1020年代にドイツ・ベルンブルクで再び流行し、更に13世紀にも何度か繰り返し流行したという。

Bernburg Impressionen
Bernburg Impressionen / tm-md

1237年、ドイツのエアフルトから20キロ離れたアルンシュタッドの町へと移動していた子どもたちのグループが、狂ったように踊り続けた。

1278年には、ドイツ、ムーズ川にかかる橋の上で、200人もの人が踊り始めたために、橋が落ちてしまった。

1373年から1374年にかけては、「踊りのペスト」の流行は、イングランド、ドイツ、オランダでも報告されている。

1518年、フランス、ストラスブールで「踊りのペスト」に感染したフラウ・トロフィアという女性は突然、街の通りで踊り出し、昼夜踊り狂った。その4日後には同じ街の33人の住人達が感染したかのようにが踊り始め、1ヶ月後には、400人もの住人達が「踊りのペスト」の同じ症状になった。

ストラスバーグ当局は、「踊りのペスト」の原因は血の気だと考えて、「踊りのペスト」患者用に2つの市庁舎や穀物市場を開放して、木製のダンスステージを作って、専用の楽団まで雇った。

しかし、残念ながら効果はなく、多くの「踊りのペスト」患者が踊り疲れて亡くなった。




16世紀には、スイスのバーセルで「踊りのペスト」が流行した。20世紀に入っても、1973年から1978年にかけては、シンガポールにある工場で、「踊りのペスト」に似た症状が6回発生した。工場労働者たちが、叫びながらトランス状態になったのだ。

昨今でも、2011年にニューヨーク州北部のルロイの学校で、12人の十代の女子中高生たちが、トゥレット症候群のような体をピクピクさせる症状を発症し始めた。医師の診断によると、集団心因性疾患として知られる集団ヒステリーが原因だという。


画像©ウィキペディアより引用

「踊りのペスト」の原因は何なのか?ウイルスなのか細菌性なのか、そもそも本当に感染する病なのかは現在も不明とされている。

歴史家のジョン・ウォラーによると、「踊りのペスト」の正体は各地で発生した病気や飢饉によるストレス性の集団ヒステリー(集団心因性疾患)だと考えている。

また、麦角菌(ばっかくきん)が引き起こす幻覚作用だという説もある。麦角は湿ったライ麦の穂に寄生する菌で、幻覚を引き起こすLSDに似た成分エルゴタミンを含む。

しかし、LSDによる幻覚体験は、通常、24時間以上持続しない。この為、「踊りのペスト」患者が何週間も踊り続けた理由の解明にはならない。

また、他説によると、脳内の神経伝達物質であるドーパミンによる運動の調節機能がうまく働かなくなって起きるジスキネジア(体の一部が勝手に不規則で異様な動きする現象)が要因ではないか、という説もある。しかし、この説にしても、まるで伝染病のように国境を越えて広がった現象にたいして充分な説明にはならないだろう。

girl, sleeping
girl, sleeping / Seniju

【カラチの眠り病】

2013年3月、カザフスタン北部にあるカラチという人口わずか810人ほどの小さな村で、突如に多くの村人達が原因不明の昏睡状態となった。

現地メディアによると、患者は数日間(最大6日)、いくら周囲が呼び掛けても目を覚ますことなく深い眠りに落ち、目覚めた後に記憶を失う。倦怠感や頭痛、精神不安、幻覚などの症状が数週間にわたって続くこともあるそうだ。人間のみではなく、猫も発症したケースもある。

それ以来、同様の症状をもたらす「眠り病」は度々カラチで流行している。

「眠り病」の原因は諸説ある。ロシアのトムスク科学技術大学のレオニド・リクバノフ教授の研究によると、村の付近にあるソ連時代のウラン鉱山に充満しているラドンガスが麻薬物質や麻酔のように作用する可能性があるのだという。ウラン鉱山の放射線量を測定すると基準の16倍にもなる。

カザフスタン政府の公式見解によると「眠り病」の原因は一酸化炭素中毒だという。

軽度の一酸化炭素中毒の症状は、頭痛、吐き気、めまい、集中力の低下、嘔吐、眠気などだ。多くの場合、軽度の一酸化炭素中毒は新鮮な空気を吸うことで回復するが、中等度から重度の一酸化炭素中毒では、判断力の低下、錯乱、意識消失、けいれん発作、胸痛、息切れ、低血圧、昏睡などの症状が見られる。

その為、犠牲者の多くが自力で動くことが出来なくなる。まれに、重度の一酸化炭素中毒が回復したようにみえても、数週間後に記憶喪失、体調不良、視力障害(遅延型の神経精神症状)などが現れることもある。このような症状はまさに「眠り病」と一致する。

カザフスタン政府は、2015年3月に「眠り病」が9度目の流行中に650人の住民の避難を決定した。

記事、後編ではアフリカの子供たちの間で流行する奇病と、新型コロナの生物兵器説を再検証する。(後編に続く)

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

画像©ウィキペディアより引用

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る