海洋生物学者がリアル『スポンジ・ボブ』と『パトリック』を発見した!

米国海洋大気庁(NOAA)が行った最近の水中調査で、皆さんも見覚えのある海綿とヒトデのツーショット映像が撮影され、注目を集めている。

この映像は、NOAAのOkeanos Explorerから制御された水中潜水艇が撮影したもので、明るい黄色で四角い海綿の隣にピンク色のヒトデが座っている様子が映っている。

北大西洋の海山で発見されたこの映像は、まるで有名な海外アニメのスポンジ・ボブとパトリックにそっくりだと話題になったのだ。




調査を行ったNOAAの科学者であるクリストファー・マー氏も「アニメのキャラクターにそっくりだ」と感想を述べた。

しかし、アニメとは異なり実際にはこの2つの海の生き物は互いに友達にはなれないという。

クリストファー・マー氏はこの映像について次のように説明している。

「ヒトデが海綿のすぐそばにいるのは、海綿が少なくとも部分的にヒトデに食べられているからでしょう。実際の自然界は、漫画からは想像できないほど残酷なものなのです」

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『スポンジ・ボブ お寝ぼけパトリック [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る