5000年にLAが海に沈む!?3000年後の未来に行ったタイムトラベラー

アトラスでは度々未来の世界からやってきたと自称するタイムトラベラーについて何度か紹介している。

海外ではそんなタイムトラベラーを自称する人たちにインタビューを行っている人々もおり、特にオカルト系YouTubeチャンネル「ApexTV」では「未来人Noah」をはじめ様々なタイムトラベラー達を紹介してきた。

そして今回紹介するのは、恐らくタイムトラベラーを自称する人々の中でも一番先の未来に行ったと主張する人物だ。

エドワードと名乗るこの謎の男は、ApexTVのカメラクルーに対し「2004年に極秘のタイムトラベル実験に参加し、3000年後の未来に送られた」と証言している。




彼はロサンゼルスの研究室で働いていた時に「未来に行って写真を撮る」という任務を与えられたという。

未来に飛ばされた彼が目の当たりにしたのは、ロサンゼルスが水没している光景だった。彼が手にしている写真は、正に水没したロサンゼルスの光景を写真に収めたものであり、そこに住んでいる人々に「地球温暖化によって年全体が水没してしまった」と聞いたという。

彼の主張は果たして本当なのだろうか……。

彼自身は未来に行った証拠として写真を上げているが、水深と水の色、沈んだ都市の色合いなどから単純にCGで合成したものではないか、という声が多数である。

Time Traveler Took This Picture in The Year 5000

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ApexTV YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る