作物はなぜ奇妙な模様を描いて倒れたのか?メキシコの農場が騒然

メキシコにて、一晩のうちに作物が奇妙な図形を描いている様子が確認されるという奇妙な出来事が発生した。

地元メディアの報道によると、この奇妙な事件は19日月曜日の未明にHuejotzingoのコミュニティにて発生した。おりしも住民は真夜中に空から聞こえてくる謎の音を確認していた。

それによると、夜中の1時頃に飛行機が通過するような大きな音が聞こえてきた。最初は近くの空港に飛行機が離着陸した音だと思っていたそうだが、翌日になって話は不可解な方向に進んだという。

「異音の痕跡がないか見に行ったら、大麦がバラバラになっていたんです」と、農家の男性は語る。男性によると、農場の作物が何らかの力で無造作に倒され、破壊されていたという。

VIDEO: Ahora aparecen extrañas figuras cerca de megasocavón en Puebla




この事件を受け、住民たちは当局に畑荒らしの調査を依頼しようとしたが、農場の所有者は物珍しさで野次馬たちが集まってくることを恐れて捜査を渋っているという。

なお、倒れた農作物の被害状況から見て何らかの自然現象が原因であることは間違いないという。非常に強い強風と絶え間ない雨が3時間以上続くとこのような倒れ方をするそうだが、住民からは「その夜は雨が降っていない」という証言が寄せられている。

果たして、農場では何が起きていたのか。それはともかく、農場のオーナーは現場にみだりに立ち入ろうとする人は、単なる野次馬であろうと「その場で射殺する」と宣言しているとのことだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UnoTV / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る