【オーストラリア発】コロナ患者、隔離施設からベッドシーツで脱出

「スパイ映画かよ・・・」と思わず叫んでしまいそうな事件が発生。

創作などの中の脱出劇として、カーテンやベッドシーツを裂いて繋ぎ、長いロープのようにして窓から垂らして脱出する、というものがある。

実際にはロープの強度や長さに不安があることからなかなか難しいように思えるこの脱出法だが、オーストラリアにて本当にベッドシーツのロープで脱出を成功させた人物が現れた。

サウスオーストラリア州警察によると、この奇妙な事件は、匿名の旅行者が月曜日の午後に同州に到着したときに始まった。彼は新型コロナ感染症対策の渡航制限に対する適切な免除を持っていなかったため、ホテルに一晩留置され、48時間以内に同州を出るよう指示されていた。

しかし男性はこの措置を不服に思い、ホテルからの脱出を試みたのである。




なんとベッドシーツで長いロープを作り、4階の自分の部屋から垂らして地面に降りることに成功したのだ。その後男性は徒歩で逃走したという。

翌朝警察は彼を追跡、虚偽の情報を提供したことと、ホテルに滞在するように指示されたことに従わなかったことで彼を逮捕。男性は勾留されているという。

そもそも男性はなぜこのような逃走を行ったのか。どうも男性は事前に新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陰性であったにも関わらず指導を受けたため、措置に対して不服に思ってこのような行動に出たそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Western Australia Police Force / Facebook

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る