幽霊はカップルに「出て行け!」と叫んだ…

洞窟に迷い込んだ幽霊ハンターたちは、「出て行け」と叫ぶ霊に遭遇して唖然としたという。

イングランド南西部コーンウォール州リスカードにあるカーングレイズ洞窟は、今から300年以上前に掘られた人口洞窟である。かつてはスレート採掘が行われていたが、第二次世界大戦中にイギリス海軍がラム酒の貯蔵庫として使用していたという歴史がある。

7月初めのこと、この洞窟に民間の超常現象ハンターであるファーガソン夫妻が足を踏み入れた。カメラや録音機材を手に洞窟内を歩き回っていると、どこからともなく不吉な声が聞こえてきたという。

夫妻によると、何者かが洞窟から「出て行け」と明確な警告を出してきたそうだが、二人は職業柄当初から幽霊か何かのからの「妨害を受けるだろうと考えていたそうだ。




Ghost Hunters Capture Ghost Telling Them To ‘Get Out’

だが、一通り調査を終えてカメラで撮影していた映像を確認してみると、驚くべき様子が記録されていた事が判明したのである。動画には2つのぼんやりした影が通り過ぎていく様子が映っており、少女のような「ハロー」という恐ろしい声がテープに録音されていたのだ。

ファーガソン氏は、今回の件について次のように語る。

「私はイギリスをはじめ世界中の心霊スポットを数え切れないほど訪れてきましたが、この場所には驚きました。この洞窟が心霊スポットだという報告も受けていませんでしたし、私たちは旅行のついでに訪れただけでした。しかし洞窟内を歩いていると、常に後ろに何かがいるような、つけられているような感じがしました。また、どこからともなく白い霧が私の目の前に飛んできて止まったかと思うと、形を変えて消えていきました。私たちは常にささやき声を聞くことができましたが、一番怖かったのは『出て行け』という声を間近で聞いたときでした」

と夫妻は証言している。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Caters Clips YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る