ユリ・ゲラー告白!「50年前から既に宇宙人と接触していた」

6月26日、アメリカ国防総省のUFOに関する調査報告書がついに一般に公開された。

現地時間で25日金曜日の夕方にオンラインで公開された9ページの文書には、「未確認空中現象(UAP)がもたらす脅威」に関する情報とその分析結果が記されていた。この報告書の公開を受けて、アメリカ国内だけでなく世界中の識者からの見解や発言が出てきている。

そんな中、スプーン曲げ等で世界的に有名な超能力者のユリ・ゲラー氏も驚きの発言を行った。

なんと、「約50年前から宇宙人の接触は行われていた」というのだ。

ゲラー氏は1974年にアメリカのメリーランド州にあるNASAの基地に招待され、超能力実験を行った。その時CIA職員が彼のマインド・コントロール・パワーに感嘆したという。

だが実験のあと、彼はそこで驚くべき物を目撃したという。




ある技術者がゲラー氏にに金庫に保管されていた金属片を見せ、これが何であるか透視するように告げた。

「私は金属に触れて『これは我々の惑星のものではない』と結果を口にした。すると彼は『君の言う通りだ、これは地球に墜落したUFOの破片だ』と言ったんだ」

その後、ゲラー氏は基地の地下にある冷蔵庫とその中身も見せられたという。

「あの冷蔵庫の中で見たものについては、これ以上明かすことはできません。秘密保持契約書にサインしていますからね。しかし、私たちが連絡を取り合っていることはお話しできます」

とゲラー氏は語っている。

ゲラー氏はさらに、144件のUFO目撃の可能性があることを明らかにしたアメリカ国防総省のUFO報告書について「当局者は困惑している、しかし彼らはもっと多くの事を知っている!」と述べている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Uri Geller 10 / TaylorHerring

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る