【ボツワナ発】世界3位の大きさ、1098カラットのダイヤモンド発見!

先日、アトラスでは南アフリカで発生した「ダイヤモンドラッシュ」について報告した。

ある村で透明度の高い鉱石が多く発見され、ダイヤモンドの鉱脈に行き当たったのではないかとして騒動になったのだ。

  南アフリカで「ダイヤモンドラッシュ」が始まった!

アフリカ各地では良質のダイヤモンドが多く採掘されるが、16日にはボツワナで世界3位の大きさに当たる1098カラットのダイヤモンドが発見された。

Botswana: 1,098 Carat Gigantic Diamond Could Be World’s Third Largest

このダイヤモンドは、採掘会社のデブスワナ社が今月初めにボツワナのジュワネンの町で行ったもので、水曜日に行われた特別イベントにてモクグウィトシ・マシシ大統領に贈呈されたとのことである。

デブスワナ社のリネット・アームストロング社長代理は、コロナウイルスの流行によるダイヤモンドの販売不振で「苦境に立たされているボツワナに希望をもたらす」と、今回発見されたダイヤモンドを高く評価している。




このダイヤモンドの価値はまだ確定していませんが、専門家によると5500万ドル(約60億円)という途方もない価値があるという。

また、デブスワナ社はボツワナ政府とデビアス社の合弁会社であるため、このダイヤモンドが売却された場合、ボツワナはその利益の大部分、おそらく80%を受け取ることになるとのことだ。

デブスワナ社は声明の中で、「ボツワナ国民に最大限の利益をもたらすために、ダイヤモンドを売却するための最良の方法を検討している」と述べている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©LatestLY YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る