新曲をネットで生配信中、UFOが写り込んだ!?

アトラスではこれまでにも、テレビに写り込んでしまったりニュースで生中継されてしまったUFOについて報告してきたが、この度も「ネット中継でUFOが出現、世界中に配信された」という事態が発生して注目を集めている。

エレクトロ・ミュージック・バンド「Famasloop」が先日、ライブストリーミングを行った。離れた所にいるメンバーとヴォーカルがオンラインでコンサートを行いファンに届けるという内容で、新曲の「BALCÓN」をファンの前で生配信することになった。

ヴォーカルのアラン・ゴメスの背後には窓があったのだが、彼が新曲を歌っていた最後のほうで奇妙な発光体が出現。点滅を繰り返した後閃光を放つと、一瞬のうちに垂直に飛び上がって視界から消えてしまった。

あまりの光景にファンは驚き、騒動になったという。




ファンからの報告を受けて、Famasloopは公式Twitterで有名な天文学者カール・セーガンの言葉を引用しつつ、「私たちはミュージシャンであり、気象学者や天文学者ではありません。私たちの音楽が他の銀河とつながっているのではないかと、すでに疑っていました」とジョークを交えたコメントを発表。

偶然にも背後にUFOが映ってしまったアランは、「配信当時、私のいたメキシコシティでは雷雨が発生していました。多分、雷や何らかの気象現象だと思います」と語っている。

なお、問題の新曲「BALCÓN」は当初MVがYouTube上で公開されていたのだが、この騒動の後に急にYouTubeから削除されてしまった。

ファンたちの中には「UFOが写ってしまったから新曲が消されてしまったのでは!?」と噂する人もいたそうだが、所属事務所からこの新曲がテレビシリーズに登場したため、YouTubeの著作権問題が発生して一時的に削除になった、との発表が寄せられた。

後にこの問題は解消され、今では普通に視聴可能とのことだ。下記から要チェック。

BALCÓN EN VIVO

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Famasloop YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る