テキサス州上空に謎の棒状UFO、動画に捉えられた

アメリカ・テキサス州ダラス北部にて奇妙な形状のUFOが目撃、動画にも撮影され「エイリアンが我々の地球を訪れているのではないか?」と現地で噂になっている。

問題の動画はダラス北部デントン郡にて、6月4日午後8時57分(現地時間)に撮影されたものである。

とある一般家庭の自宅の窓より撮影されたようで、住宅街の空を棒のような物体がまっすぐ上昇していく様子が捉えられている。

なお拡大してみると、奇妙なことに外側に黒い輪郭があり、中空のように見える。あまりに変わった形状のため、地元の人々は勿論UFO研究家からも注目を集めているようだ。

動画を撮影したEagleRun23は、YouTubeに「この物体が何なのかわからない、私にとっては未確認飛行物体」と短いコメントを添えている。目撃者も多数いたようで、動画には「宇宙船のようだ」と言う子供の声や、「パラシュートが開いているようだ」という人たちの困惑した様子の声も収録されていた。

UFO? What is this?




この映像について、海外のUFO研究家であるスコット・C・ワーリング氏は「間違いなく本物である」と太鼓判を押した。

「このUFOは私も今まで見たことのないものです。直立していて、中央に巨大な長方形があります」とし、本来は「リング型UFO」なのだが「鍵のように細く長く見えるように」折りたたまれており、真ん中の何もない隙間はさらに多くのUFOを通すためのポータルだと示唆している。

「このUFOがテキサス上空にいるということは・・・近い将来、巨大なUFOの入出港があるに違いない。テキサスで近々大きなイベントが起きるかもしれない」とワーリング氏は語る。

しかし、動画を見た多くの人からはこのUFOへの懐疑的な視線が集まっているようだ。

ある人は、よく見ると棒状のUFOが途中で曲がっているように見える事から「単に風船が流されているだけではないか」という意見もあるようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©EagleRun23 YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る