〈ANN放送事故〉ディレクターの慌てた声もラジオから流れた!

6月9日に放送されたニッポン放送系のラジオ番組『乃木坂46のオールナイトニッポン』で大規模な放送事故が発生した。

この事故が発生したというのは、番組冒頭5分間だった。

いつもなら乃木坂46メンバーが喋り、おなじみの『BITTERSWEET SAMBA』が流れるはずなのだが、この日は冒頭から様子がおかしかった。

なにやら、ガサゴソと雑音が響いていたほか、「終った後に〇×△×%〇……」と雑談のような声が聞こえるではないか・・・。

そして「本日は東京が最高気温30度を超えましたが最近の暑さについて、こんなメールが届いてます」とリスナーのお便りが突然読まれたのだ。




何故、事故が発生したのか不明だが、この日は乃木坂46の出演者(新内眞衣、樋口日奈、遠藤さくら)リモートで収録、ネット通信系の事故ではないかと思われる。

この放送事故は、『乃木坂46のオールナイトニッポン』の直後の番組である『佐久間信行のオールナイトニッポンゼロ』の冒頭でも触れられ、「最初、ガサゴソ、ガサゴソと音がしてディレクターが『始まっているよ!』と叫んで始まったよね。なんか非常に微笑ましいよね。仲良く会話してるんだな」とトークのネタにされていた。

放送トラブルを直後の番組でフォローするという、割と珍しいタイプのハプニングだったようだ。

Bittersweet Samba

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ケトル VOL.45

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る