バイデン大統領は宇宙人やUFOの存在を知っている!?

ここ最近、アメリカではUFOの話題がよくニュースに取り上げられている。昨年締結した情報公開法により米軍や諜報機関の有するUFO情報がこの6月に公開される予定のため、注目が集まっているからだ。

そのせいか、バラク・オバマ元大統領がテレビ番組に出演した際に米軍内でのUAP(未確認航空現象)の報告に関する質問を受けたり、バイデン大統領がホワイトハウスで行われた記者会見でFox Newsの記者から同様にUFOに関する質問を受けていた。

このときバイデン大統領は「オバマ大統領は、空に浮かぶ物体(UAP:未確認空中現象)の映像や記録があると言っていますが、それが何であるかは正確にはわからないと言っています。あなたはどう思いますか?」という質問に対し「彼にもう一度聞いてみてください」と答えて退場していた。

VIRAL MOMENT: Fox News reporter asks Biden about existence of UFOs




このことから、第45代大統領は宇宙人やUFOに関する真実を知っているが口を閉ざしているのではないかと推測されていたのだ。

この件について、海外のUFO研究家であるスコット・ワーリング氏は自身のブログ「UFO Sightings Daily」で、バイデン大統領が記者会見から素早く退場した事が事実を物語っていると述べている。

「バイデン大統領がUFOについて知っていることは明らかですが、彼は誰かにイヤホンで、この話題を避けるように言われていたのでしょう。だから、彼はあんなに早く会見場から退場してしまったのです。もし何も知らなかったら、演壇に残って世界中の記者から他の質問を受け続けていたでしょう。しかし、彼は怖かった…まだ明かしてはいけないことを明かすのが怖かったのです。このインタビューから、バイデンはUFOや宇宙人について知っていて、その知識が彼の意識に重くのしかかり、質問されたときの彼の表情にはっきりと表れていることがわかります」

とワーリング氏は語る。

問題のUFO報告書は6月25日に公開される予定である。果たしてどんな情報が出てくるのか、心待ちにしたい。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Joe Biden / Gage Skidmore

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る