【深い闇を感じる…】朝のニュース、途中で謎の中断!

6月8日に放送されたKBC九州朝日放送で放送されているニュース番組「アサデスKBC」(月~金6時~)で放送事故が発生したとSNS上で話題になった。

この日の午前7時47分ごろ、ニュースコーナーでは「南アフリカでゾウが車に猛突進」というテロップが画面に流れ、視聴者はこのニュースが紹介されるばかりと思っていた……。

だが、ニュースを読んでいる女性アナウンサーの手元にある原稿は明らかに別のニュース原稿だった。

なぜなら、この女子アナは「東京オリンピックの直前、一体何があったのでしょうか?JOCの幹部が…」と途中まで喋りだすというハプニングを起こしたのだ。当然、このことを受けてテレビを見ていた多くの視聴者は何がどうなっているのか一瞬戸惑ったに違いない。




なお、この女性アナは途中でハッと気が付いたようで、「失礼しました」とすぐにゾウが車に猛突進のニュースを読み直し始めた。

ちなみにこの「JOCの幹部が…」というニュースは、6月7日午前9時20分ごろ、東京都品川区の都営浅草線中延駅でJOCの幹部で経理部長をしていた男性が飛び込み自殺をした件であるとわかったことで、その後ネットは騒然。

「国から読まないようにと釘を刺されていたのではないか?」「何からの圧力があったのではないか」といった声が相次いだといい、この出来事はもしかして、ただのハプニングでは無かった可能性も否めないと考えるのは当然である。

さて、真相はいかに?

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Hollywoodriviera

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る