6月5日に放送されたABCラジオ(朝日放送)の番組『サクサク土曜日 中邨雄二です』で、思わず笑ってしまう音声トラブルが発生した。

この番組は朝日放送テレビ(ABCテレビ)のゼネラルアナウンサー中邨雄二がメインを勤める番組で、毎週土曜日の午前7時30分から10時まで放送されている大型番組である。

トラブルが発生したのは9時12分ごろ、この時間にはABCラジオのニュースが放送され、続いて天気予報が流れる、という一連の編成になっている。

通常、『サクサク土曜日』の天気予報コーナーはBGMで、映画『千と千尋の神隠し』の主題歌でおなじみの「いつも何度でも」のアレンジ曲が流れるはずであるのだが・・・。




しかし、番組スタッフの設定ミスだったのだろうか、なぜか赤塚不二夫原作のギャグアニメ『天才バカボン』の主題歌(「西から登ったお日様が~」のフレーズで有名なあの曲)のアレンジBGMが流れ出すという、まるでコントのような展開になったのだ。

さぞ番組スタッフも相当に慌てたことだろう。曲はすぐに「いつも何度でも」に変わった。が、スタジオもまさか、しっとりとした『千と千尋』ではなく『バカボン』が流れ出したためか、パーソナリティの林智美アナが笑わないように必死にコラえているのが放送を聴いているリスナーにはバレバレ。中邨にいたっては「ははは!」と笑っている声が漏れていた。

なお突然、『天才バカボン』が流れ出したことは、番組後半の「雄ちゃんのおしゃべり宝箱」というコーナーで今回誤って流してしまったこのBGMを仕様しているためである。

一瞬ではあったが、実に笑えるハプニングだった。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『赤塚不二夫ソングブック

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る