UFO研究者スタントン・フリードマン氏追悼特別展、カナダで開催

2019年5月に亡くなった有名なUFO研究者であるスタントン・フリードマン氏の人生とキャリアを祝う展示が、今月末にカナダの博物館で開かれることになった。

地元メディアの報道によると、ニューブランズウィック州のフレデリクトン地域博物館にてフリードマン氏の追悼のため、彼が50年もの長きに渡って探求してきた膨大な数の調査資料や遺物が展示されるという。

展示のコンセプトは、2017年にフリードマン氏がフレデリクトンにUFO博物館を作りたいと表明したことに端を発しているという。フリードマンが長年かけて膨大な資料を収集していたこと、展示内容が「少々野心的すぎること」がネックだったが、博物館の館長はフリードマン氏が亡くなった一報を聞いてこのやり取りを思い出し、追悼記念の展示を開発すべきだという判断に至ったという。

フレデリクトン地域博物館ウェブサイト:https://www.frederictonregionmuseum.com/




フリードマン氏と個人的にも親交のあった館長のジャラット氏は「彼がUFO体験の研究で行った素晴らしく、並外れた仕事は敬意をもって扱われるべきだ」と述べている。

今回の展示プロジェクトは2020年初頭に開始されたもので、展示品にはフリードマンのUFO研究者としての天才的なキャリアから得られた様々な一点ものの作品が展示される予定だという。特別展示についての広報ビデオでは、博物館の副館長であるハル・スカルプ氏が「可能な限りあらゆる方法でスタントンを称える意味を込めている」と語っている。

フリードマン氏追悼記念特別展示は、フレデリクトン地域博物館にて6月26日から公開。新型コロナウイルスによる規制が継続中のため、カナダに入国できない外国のファンのため、この特別展は少なくとも今後2年間は展示されるという。UFOファンの間では未だにフリードマン氏の人気が衰えていないため、もしかすると常設展示になる可能性もあるとのことだ。

Stanton Friedman on Bob Lazar

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©masjosh YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る