「エイリアンが本当にいるなら?」オバマ元大統領、再びUFOやエイリアンに言及

バラク・オバマ元大統領が、再びUFOやエイリアンについての考えを明らかにして注目を集めている。

オバマ前大統領は、ニューヨーク・タイムズ紙のポッドキャスト「The Ezra Klein Show」に出演した際、「UFOの正体を知りたい」と発言。さらに「UFOが地球外生命体であることが確認されたら、オバマ氏の政治はどのように変化するのか」という話にまで及んだ。

オバマ元大統領は質問に対して、まず我々が地球外生命体とコンタクトを取ることができるのかどうか尋ねた。

しかし、番組MCのクライン氏は「コンタクトを取ることはできませんが、私たちは孤独ではなく、宇宙人が存在することを知る立場にいます」と補足。それに対してオバマ大統領は「興味深い」と言いながらも「宇宙人の存在が明らかになっても、自分の政治は特に変わらない」と述べていた。




また、オバマ元大統領は

「もし宇宙人がいる事が判明したなら、間違いなく自衛のための武器システムにもっと多くの費用をかけるべきだという議論がすぐに起こるでしょう。精神的な支えを得る為に新たな宗教が生まれる可能性もあるかもしれません。ですが、実際に私たちがどんな議論に巻き込まれるかはその時にならないと誰にもわからないでしょう。私たちはお互いに議論を作り出すのが得意なのだから」

と語った。

Obama says UFO sightings are real

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©janeb13 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る