あの「宇宙人解剖フィルム」写真、1億1千万円でオークションに

ある特定の年齢層の人はテレビで見た事があるだろう、有名な「宇宙人解剖フィルム」という映像がある。

1947年にニューメキシコ州ロズウェルに墜落した宇宙人の死体を解剖している(?)といわれた映像で、真偽はともかくとしてその内容がかなり話題になったものである。

その「宇宙人解剖フィルム」から、1枚のフィルムフレームがオークションにかけられ、100万ドル(約1億1000万円)からの入札が行われて注目を集めている。

「宇宙人解剖フィルム」は検死台の上に横たわるグレイ型エイリアンと、その解剖手術の様子を収めた17分間の映像で、1995年8月28日にアメリカのフォックステレビで「Alien Autopsy: Fact or Fiction」というタイトルで初めて公開された。

当初の持ち主はイギリス人のレイ・サンティリ氏で、彼は1992年に米軍カメラマンからこのフレームを入手したという。今回はその貴重なフィルムがオークションに出品されるとあって、注目度もかなりのものだ。

サンティリ氏は次のように語る。

「ロズウェル事件を検証したCIAの書類とフィルムを初めて見たとき、私の肩の荷が下りたような気がしました。私は、今日人類が享受しているテクノロジーは、1947年のロズウェルの事故から始まったと信じています。そして、今回出品されるNFTと1本のフィルムフレームは、オークションに出品された中でも最も価値のあるものの一つです」




また、サンティリ氏は2006年に、テレビで放映されたフィルムは、以前に見た映像を演出的に再現したもので、数フレーム以外は使えないと認めている。解剖フィルムの物理的なフレームだけでなく、フィルムのフレームが本物であることを証明する一連のユニークなコードが最高額の入札者に与えられるという。

オークションサイトRaribleは、この商品について次のように述べる。

「地球外生命体の存在をめぐる議論は、CIAがUAPの最も有名な証拠である動画を認証したことで決着しました。今、初めてその歴史の一部を所有することができます」

一方、英国のUFO研究家であるフィリップ・マントル氏は、このフレームに100万ドルも出す人は愚か者だと非難している。

「宇宙人の解剖フィルムのデマについてすべて解き明かしたと思ったら、別のものが出てきて驚くことになる。私はこの偽物のフィルムを何十年もかけて調査し、そのすべてを著書にまとめ、さらに4部構成のドキュメンタリー・シリーズにしました。事実は、この映画が本当に100%偽物だということです」

Video Footage Of An Alien Autopsy Sheds Light Over UFO Mystery | World’s Strangest UFO Stories

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©DMAX UK YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る