バイデン大統領、オバマ氏のUFOに対するコメントに見解示す!?

ここ最近、アメリカではUFOの話題がよくニュースに取り上げられている。

昨年締結した情報公開法により米軍や諜報機関の有するUFO情報が6月1日に公開される予定のため、注目が集まっている上に先週バラク・オバマ元大統領がテレビ番組「The Late Late Show with James Corden」の中で、米海軍の戦闘機パイロットによるUAP(未確認航空現象)の報告について質問を受けて回答したこともあって多くの人の注目を集めることとなったようだ。

  オバマ元米大統領、UFOについて語る!

これを受けて、先日ホワイトハウスにて行われた記者会見で、今度はジョー・バイデン現大統領が同様にUFOに関する質問を受けることとなった。

この記者会見は韓国の文在寅大統領との共同会見の際に行われたものだったが、ある記者がバイデン大統領に「オバマ大統領は空に浮かぶ物体、つまり未確認空中現象の映像や記録があると言っていますが、それが何であるかは正確にはわからないと言っています。あなたはどう思いますか?」と質問を投げ掛けた。




しかし、番組中でオバマ元大統領が多少なりとも話そうとしていたのに対し、バイデン大統領はあまり乗り気ではなかったようで、冗談めかして「もう一度聞いてみます」と言って質問を打ち切って笑いと拍手の中、ステージから足早に去っていった。

Biden Laughs Off Question About UFOs At Press Conference

これは、バイデン大統領が明らかにしたくないUFO関連の機密情報を知っているということなのだろうか。

一方で、このような質問はこの場にはふさわしくないとして避けたということも考えられる。いずれにせよ、アメリカ国内でUFOに関する興味関心が今までになく高まっているのは事実のようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©NBC NEWS / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る