幽霊だった?監視カメラに人型へ変形した謎の光点が

アトラスでも度々紹介しているが、24時間記録し続ける監視カメラや防犯カメラに、幽霊らしき奇妙な影が写り込む事は少なくない。

先日、イギリスのスタッフォードシャー州リッチフィールドのある一家が夜にテレビを見ていたところ、玄関に設置していた防犯カメラのセキュリティライトが点灯したことに気づいた。

この一家はRing社のカメラを使用しており、この会社のセキュリティシステムはカメラの近くで何らかの動きを検知した際、ユーザーにアラートを送信する仕組みになっている。




一家が防犯カメラの映像を確認してみると、そこには植え込みの奥へ移動していく奇妙な白い点が写り込んでいた。更に、その白い点は縦に細長く延びていって、左右に揺れながら歩くような動きをみせたのである。その後、玄関の前庭を出た所で空中に向かって上昇し、姿を消した。

一家は防犯カメラに記録された現象が何なのか解らず、友人に相談した後にSNSに投稿して、広く意見を募ったという。なお、玄関には防犯カメラ同様にセンサーで点灯するライトが設置されていたのだが、こちらは作動していなかったため何らかの生物などではない可能性が高いという。

一家は「私たちはこれが何であったのかを知りたいだけです。もしこれが幽霊で、私たちと共存したいのであれば、それはそれで構いません---ただ、私の家のドアをノックしてこない限りは」と語っている。

なお、動画を視聴し、証言を聞いた人たちの中にはは幽霊だと認める人もいたようだが、「レンズに非常に近い所を飛んでいた虫ではないか」という冷静な意見が大半だったようだ。

関連記事

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 DAILY STAR / Twitter

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る