オバマ元米大統領、テレビインタビューでUFOについて語る!

昨年のこと、アトラスでは当時のアメリカ大統領・トランプ氏がインタビューにて「UFOについて信じていますか?」という質問に応えた、と報告させて頂いた。

数年前に米軍がUAP(未確認航空現象)の存在を認めたり、今年の6月には軍や情報機関の有するUFO情報が公開になる予定が出てくるなど、ここ数年アメリカではUFO関係の動きが活発になっている。

そんな中、オバマ元大統領がテレビ番組にてUFOに関する質問に回答し、注目を集めている。

オバマ元大統領はCBSで放送されている「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演、レジー・ワッツ氏にUFOに関する質問を向けられた。

オバマ氏は最初は「自分が知っていることをすべて公開することはできない」とほのめかし(同時に宇宙人は秘密の研究室に保管されていると皮肉ったコメントもした)、続いて自国内の空域を飛行する未確認物体の様子を撮影した米海軍のさまざまなビデオについて以下のようにコメントした。

Reggie Watts to Barack Obama: What’s w/ Dem Aliens?




「私が真剣に考えているのは、空には正体不明の物体の映像や記録があるということです。どのように動いているのか、どのような軌道を描いているのか、簡単に説明できるようなものではありませんでした。だからこそ、人々は今でも真剣に、それが何であるかを調査し、解明しようとしているのだと思います」

オバマ元大統領がUFOについてどの程度知っているかを正確に知ることは難しいが、大統領として過ごした8年間のどこかでUFOに関する報告に触れていた可能性は非常に高い。

また、「知っていることを生放送で公表できない」という発言は、多少のジョークを込めたものではありそうだが、それ以上に幾分かの真実が含まれているのではないか、と海外のUFO研究家は見ているようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©The Late Late Show with James Corden YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る