名優・田村正和さん死去 数字の「7」に奇妙な縁があった

2021年5月18日、『古畑任三郎』、『眠狂四郎』や『ニューヨーク恋物語』などの人気ドラマシリーズ主演で知られた俳優の田村正和さんが亡くなっていたことが発表された。

報道によると、田村さんは先月の4月3日に心不全のため、東京都港区の病院で死去。18日の発表直後はテレビや新聞で大きく報道、またTwitterなどでは名前がトレンド入りするなどして大きなニュースになった。

さて、今回の田村さんの訃報だが、ある数字のジンクスがあったのでは、として話題になっているようだ。




田村さんは77歳で亡くなったのだが、彼の実兄である俳優の田村高廣さんも同じ77歳で死去(2006年没)している。

この「77」という数字は、父である阪東妻三郎さんとも関係があるようで、阪東さんは51歳で急逝しているが、亡くなった日付は 1953年(昭和28年)7月7日で、これまた不思議なことに7並びなのである(さらに阪東さんのデビューは大正7年である)。

なおこれは余談だが、田村さんの訃報が伝えられた5月18日という日時は、兄の高廣さんと併せたものではないかといわれているようだ。




というのも、高廣さんは2006年5月16日に脳梗塞のため急逝したのだが、公表は葬儀が済んだあとの5月18日だった。つまり、この日付も今回の田村さんの発表日と同じだったのだ。

兄の高廣さん、父の阪東さんともに昭和の名優でありながら、最近ではあまり声を聞かなくなったことからも、田村さんは生前、自身の死去は兄と同じ5月18日に公表としたいと考えていたのではないかと一部のファンの間では囁かれているようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『眠狂四郎 コレクターズDVD <HDリマスター版>

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る