ハイキング中にオゴポゴを発見、撮影に成功!?

カナダのオカナガン湖を訪れた女性が、伝説のUMA「オゴポゴ」を目撃したかもしれないという報告があった。

地元メディアの報道によると、5月10日月曜日の朝、ある女性がハイキングの道すがらオカナガン湖を見下ろせる場所までたどり着いた時のことだったという。しばし彼女は雄大な光景を楽しんでいたそうなのだが、突然、湖面が奇妙に波打った。

「それは巨大で、黒くて、かなり速く動いていて、後ろには航跡がありました」と彼女は振り返る。その生き物が何であれ、「いったん沈んでから再び浮上し、後ろに航跡を引いていた。その後、再び沈んで消えていった」という。




この時、湖に出ていたボートはなく、さらには「鳥がこの生物に向かって舞い降りようとしているのも見た」と強調した。

女性は自分の見たものが大きなチョウザメではないかと考えてもいるが、それにしてはあまりに大かったため、チョウザメ説を疑問視しているようだった。

彼女は写真を撮ることにも成功したが、残念ながらあまりに驚いていたため、記録できたのは水面下に姿を消す瞬間だった。そのため彼女が目撃したものの姿を正確に捉えているとは言いがたいが、彼女は自身が目撃したものは強く印象に残っているという。

彼女が見たものはオゴポゴだったのだろうか、それともが水の中に潜んでいた普通の生物だったのだろうか?

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©oracast PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る