タイムトラベラー「2023年に深海でモンスターを発見する」と語った

  画像©PIXABAY

アトラスでも何度か報告しているが、近年では動画配信で「未来に起きる事」を告げる自称未来人やタイムトラベラーが続出している。数年前まではYouTubeが主な舞台だったが、ここ1~2年はより手軽な配信アプリTikTokで予言動画が出回るようになった。

そんな中、2582年から来たタイムトラベラーを自称する @timetraveler2582というユーザーが、今からわずか2年後に海で信じられないような発見がされるという衝撃的な警告を発して注目を集めている。

彼によれば、2023年に人類にはまだ「秘密」にされている大発見が起きるという。現在、人類は宇宙開発に力を入れているが、彼によれば地底や海底に目を向ける事で更なる発展があるそうだ。そして、続く動画で「2023年にNOAA(アメリカ海洋大気庁、National Oceanic and Atmospheric Administration)が発見し隠蔽を続けるある事実」について映像つきで語った。

@timetraveler2582

##fypシ ##2021 ##timetravel ##timetraveler ##ocean ##monster ##hollowearth ##foryou ##foryoupage

♬ original sound – Timetraveler2582

「このビデオであなたが見ようとしているものは、2023年からNOAAによって秘密にされている機密の音声です。2023年1月26日、NOAAの科学者が秘密のミッションに派遣され、彼らは北極海の水中に巨大な「異常な」穴を発見しました。科学者たちは、特殊な機器を使って今まで聞いたことのない音を録音しますが、パニックの拡大を避けるために一般には公開されないと主張しています」




確かに映像では、何者かが海に深く潜っていき、光の届かない所まで行く様子が映し出されている。彼によればNOAAの科学者らはこの調査で謎の音が海の下から聞こえてくるのか、それとも地球の内部が実は「空洞」であり、そこから発された音なのではないかという結論に至り、秘密裏に調査を行うようになるという。

動画の中では確かに、謎めいた低くゴロゴロと鳴る奇妙な音が記録されていた。研究者はこの音が何らかの生物によるものだと結論づけたようで、動画のキャプションには「#ocean #monster」と書かれている。

この動画を見た視聴者からは当然、賛否両方の声があり、中には地球空洞説は本物だったんだと言う人もいる。一方で、「高い技術力ではるばるタイムトラベルしてきたのに、通信にはTikTokを使っているのか」とおちょくる人や、「YouTubeで何年も前に同じ音が紹介されていた気がする」と指摘する人もいた。

もし彼が本当に未来人だったとしたら、2年後に我々は何を目撃する事になるのだろうか……。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る