【らじお放送事故】そのメール、先週末も読んだはず…

5月10日に放送された『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送 毎週月~金13:00~15:30)で同じメールが2度も読まれるというハプニングが発生した。

この日は人気コーナー「大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー~」 という、ラジオ番組に関するリスナーからのメールを紹介するコーナーを放送。このとき、東京都立川市の女性のメールが読まれた。

終了4分前に放送事故発生!




40年前の子供の頃にに聴いていたラジオの思い出などを語っていたのだが……ラジオの向こう側では徐々にスタジオ内がなんとなくギコチナイ雰囲気になっていくのがわかるではないか。

そして、音楽コーナーを挟んだ後、砂山圭大郎・文化放送アナウンサーから「実はこのメールですが、別の曜日に読んでました」と緊急報告された。実際、この時の立川市の女性のメールは先週金曜日(5月7日)にすでに紹介済みのものだった。

なのに、何故かこの日、同じものが再度読まれてしまったのだ。




番組パーソナリティーの大竹は「『なんか聞いたことある内容だな』って、不思議に思ったんだけどやっぱりそうか」「ちゃんと確認して読むようにします」と苦笑しながらリスナーに謝罪した。

ではなぜ、本日のコーナーが始まって当初、ミスに気が付かなかったのだろうか。

というのは、この日は月曜日の番組パートナーである阿佐ヶ谷姉妹・木村美穂がメールを紹介していたためである。なお、先週末7日は金曜日のパートナーである室井佑月が同メールを紹介していたことから、二人の声が違ったために内容までは違和感を感じなかったようである。

ケアレスミスとはいえ、なんとも珍しい放送事故だったようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Samuel Morazan PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る