警察署長が注意喚起!ミネソタ州に「キラー・クラウン」出現

アメリカには「ファントム・クラウン」または「キラー・クラウン」等と呼ばれるピエロにまつわる都市伝説が存在する。

カラフルなピエロの衣装に身を包み、フレンドリーな笑顔とひょうきんな動きのピエロだが、近づいてきた子供をさらって隠し持っていたナイフで殺してしまう、というものだ。

この都市伝説を下敷きに、ピエロの扮装で人を追いかけるなどのいたずらをしてを怯えさせたり、逆にその一部始終を動画撮影して、SNS上で注目を集めるために用いる人たちが近年出てきて問題視されている。




先月の4月30日の夜、アメリカ・ミネソタ州アナンデール市の警察署長がソーシャルメディア上にてこのピエロに関する注意喚起を行った。アナンデール市を初めとするミネソタ州の複数の地域にて、ピエロの扮装をした人の目撃情報が寄せられた。

警察は問題の人物を認識しており、状況を監視し続けている。

警察発表に対する反応は様々で、面白いと感じる住民もいれば、一方でこのニュースに不安を感じる住民もいるようだ。なお、目撃者の証言によればピエロの正体は、全米で発生している類似した事例と同様、単に時間を持て余した10代の若者であると考えられている。

そのため、ある住民は、ピエロのマスクをかぶってスクーターで市内を走り回っている若者を見たと報告している。今の所、そこまで違法なことは行っていないようだが、市民に不安を抱かせたり今後悪質ないたずらを行う事も考えられると見られているようだ。

Clown sightings receive mixed reactions in Annandale, Minnesota | FOX 9 KMSP

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©kalhh PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る