パブに潜む幽霊?監視カメラが捉えた奇妙な緑の発光体

幽霊が死後も酒を飲みにくる、という話は創作の世界でも実話怪談でも聞く話だが、実際にパブを訪れた幽霊がカメラに捉えられた!?という動画がイギリスで撮影されたらしいのだが・・・。

こちらは先日イギリスのケズウィック・コミュニティに建つパブのトワ・ドッグス・インの監視カメラが捉えていたものである。

問題の監視カメラは野外にあるビアガーデンの様子を撮影している。新型コロナウイルスの感染症対策として、店の横に人工芝を敷き、テーブルと椅子を出してビアガーデンを設営していたそうなのだが、このエリアを行き来する奇妙な発光体が確認できる。

それは緑色の丸を二つ重ねたような形で、その周囲を青白い光が取り巻いているという奇妙なものだ。それがまるで席を探す客のように、ビアガーデンの周囲を漂っているのだ。

Ghost at Twa Dogs Inn, Keswick




この物体に最初に気づいたのは、このパブで8年間働いている女性従業員だった。彼女が監視カメラのモニターを見た瞬間、奇妙なものが写り込んでいるのに気がついてスマートフォンのカメラで撮影したという。

女性は「私には頭と足があって、腕が揺れているように見えた」とコメントした。そして、そのままオーナーに連絡。オーナーが現場を調べに行ったが、すでにそこには何もなかったという。

実はこのパブ自体、以前から幽霊が出るという噂があり、何人もの従業員もまた長年に渡って奇妙な光景を目にしたり、人のいない足音を聞いたという。

だとすると、昔からこのパブに住む幽霊だったのか?

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Nicole Regan YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る