ボリビアの村にUFOが着陸…チュパカブラのような生物が放たれた!?

南米ボリビアにて、UFOが着陸した直後にまるでチュパカブラのような生物をその場に放った、という衝撃的な報告が寄せられて話題になっている。

4月初め、ボリビアのモンテアグドという町の上空に不可解な光の輪が出現した。ボリビアのUFO研究家ハビエル・アリアガ氏によると、このUFOが着陸した際に「雷のような音がした」そうで、更にはその物体が「火を投げているように見えた」という。

ところが、UFOが着陸した現場では更に不可解なものが目撃されていた。

目撃者によると、UFOからなんと身長約30センチほどで大きな目をした、両手に3本の指を持つ生物が出てきて、街を歩き回っていたというのだ!しかも、目撃者は一人だけではなく、町の多くの住民が同時に目の当たりにしていて、子供たちは奇怪な生物を怖がっていたという。




UMAのチュパカブラに酷似した見た目の生物は、夜のうちにどこかへ消えてしまい、いつの間にかUFOも飛び去ってしまったという。しかし、着陸したとみられる場所には不思議な痕跡が残されていたという。

なお、この事件は地元の番組「Al Rojo Vivo」で取り上げられ、目撃者にインタビューして描いた生物の絵やUFOが残したとされる痕跡が放送されているという。果たしてボリビアの人々は何を見たのか。チュパカブラは宇宙生物だったのか。

前述のUFO研究家のアリアガ氏はこの事態を重く見て、現場の詳細な科学的な調査を求めているが、実際に調査が行われるかどうかは疑問だという。

Aseguran que extraterrestres visitan un pueblo en Bolivia

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Al Rojo Vivo YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る