画像©NEW ORLEANS POLICE DEPARTMENT

アメリカのニューオリンズで、スターウォーズの人気キャラクター「チューバッカ」が指名手配されるという事態が発生した。

知らない人は少ないだろうが、念のために説明するとチューバッカとは、ハン・ソロの相棒で宇宙船ミレニアム・ファルコンの副操縦士という人気キャラである。

なお、今回指名手配されたのは当然ながらチューバッカ本人ではなく、その着ぐるみをしていた大道芸人だという。

先週末の24日土曜日、ニューオリンズのフレンチ・クォーター地区にて大道芸人がチューバッカの着ぐるみを着ておもちゃのライトセイバーを手にパフォーマンスを行っていたという。その後、通行人と口論になり大道芸人はライトセイバーではなく本物のナイフを取り出し、相手を刺して現場から逃走したという。




着ぐるみを着た人物を特定するのは難しいようにも思えるが、フレンチ・クオーターで同様の大道芸を行う人はあまりいないという点と、乱闘中に衣装の頭が落ちてしまったそうで、事件の一部始終を目撃した人たちから「犯人は20代の男性だった」という証言を得ている。

地元のニューオリンズ警察は問題のチューバッカの着ぐるみを着た大道芸人の写真を公開し、情報を集めている。

しかし、あまりにも衝撃的な事件であったためSNS上では「犯人はタトゥイーンのバーにいるよ」「エンドアの森の月の近く」「自分の惑星に帰ったよ」というジョークが現在まで多く書き込まれている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る