ロシアのベテラン宇宙飛行士が証言「宇宙人が住んでいると信じている」

国際宇宙ステーションに4回滞在し、736日間の宇宙滞在経験を持つロシアのベテラン宇宙飛行士、オレグ・コノネンコ氏。彼がロシアでインタビューに答えた内容が注目を集めている。

彼は、ロシアのジャーナリストであり、アナウンサーのウラジミール・ポズナー氏とのインタビューの中で、「他の世界には宇宙人が住んでいると信じている」と証言。更に、我々の地球とは似ていない太陽系外惑星がすでに多数発見されていることについても指摘した。




更にコノネンコ氏は、我々が銀河系内に何があるのか、まだほとんど分かっていないことを指摘し、「未確認飛行物体の目撃情報を無意味なものとは考えていない」と述べた。

もっとも、彼自身はUFOやエイリアンを目撃した事はないという。これらの話題はオカルトやトンデモ系でもあるが、太陽系から遠く離れた宇宙について想定を巡らすにはある程度有用である、という事なのだろうか。

「宇宙に存在しうるすべての生命体を、我々はまだ知らないのだ」とコノネンコ氏は語っている。

現在56歳の彼は、来年国際宇宙ステーションに5回目の乗船をする予定だ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©kalhh PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る