ただ出てくるだけの『ヒシマさん』

この話を聞いた人間のところに姿を現すと言う妖怪。

鹿島さん系列の話である。何も言わないし何をしてこない。ただ話を聞いた人間の枕元に出る。しかも背中を向けて立っているので顔を見たものは誰もいない。

一説には紺色のスーツを着た髪の長い女の人だと言うが詳しくはわからない。

【怪談】怖い話136「悪塊」12話詰め合わせ【朗読】

足がない現代妖怪「ツンバイさん」
この話を聞いたらやってくる現代妖怪「オカムロさん」
都市伝説系UMA 3メートルの「山女」
人間の頭を8つ持つ妖怪「八頭(ヤガシラ)」

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る