当局も追跡できない!?ハワイで青く光るUFOが海に墜落か

海外旅行先としてよく知られたハワイのオアフ島にて、奇妙なUFO事件が発生していた。

2020年12月29日、地元のある女性が自宅上空を飛行する奇妙な発光体に気が付いた。それは青く光っており、尾を引きながら海の方に飛びさっていった。また、その後を追うように2つ目の白い光が現れ、同じような経路をたどって飛んでいったそうだ。

これらのUFOは近所の人々らを含む大勢の人が目撃したそうで、飛行機事故や不時着等の可能性もあったためすぐに警察に通報された。

Bright blue UFO seen crashing into ocean near Hawaii prompts calls to 911, FAA | ABC7

その後、調査サイト「The Black Vault」を運営する陰謀論研究家のJohn Greenewald氏がアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Authority)に情報公開請求を行われたが、問題のUFOが目撃された時間帯にはその地域を飛んでいた飛行機が存在していなかったことが判明。当局が物体を特定できなかったことで、やはりUFOだったのではという意見がネットを中心に騒がれるようになった。




一方で、LEDの電飾がついたカイトだったのではないかという意見や、中国の文化圏でよくみる紙や布製のランタンではないかという説、商用の小型ドローン説も出てきている。しかし、今のところどれも正体を確定できるものではないとのことである。

果たして、謎の発光体の正体は何なのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ABC7 YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る