【オーストラリア発】「子供の幽霊」がドライブレコーダーに…

車で夜間に走行中、急に人が飛び出してきた!と思ったら姿が消え、幽霊であった事を知る・・・という流れの怪談や都市伝説はよく聞くが、オーストラリアでこの怪談を思わせるような事態が発生して話題になっている。しかも、ただの体験談に終わらず、車のドライブレコーダーが幽霊の姿を捉えていたというのだ!

18日日曜日夜、オーストラリアのヒューム・ハイウェイを車で走行中の男性が隣の車線に「座り込む少年」らしき姿を目撃した。その少年は6歳ほどで青いレインコートを着ていたように見えたという。

もしかしたら、高速道路に迷い込んだ子供を轢いてしまったのではないかと考えた男性は、警察に連絡して一部始終を報告。その後、警察と通報内容を確認するとともにドライブレコーダーの映像を提供し捜査に協力することにした。

その後、警察から男性のもとに「子供は無事に発見されたので、もう映像は必要ない」という連絡がはいった。そこで男性は自身の奇妙な体験と映像をSNS上に投稿することにした。動画には確かにアスファルトの上に存在するなにかが映し出されている。もし子供だったとしたら、深夜にも関わらず高速道路の真ん中に座り込んでいるというのが不自然だ。

child on Hume Highway | captures moment ‘child’ appears on dark highway




この動画はオーストラリア国内を中心に話題になり、地元メディアに取り上げられることとなった。

しかし、地元メディアが警察に聞いたところ、まったく異なる説明を受けることとなった。警察は、男性が「子供を見た」場所を8時間も捜索したが、見つけることができなかったという。また、証言に該当するような行方不明の子供の報告もなく、警察も正体は解らずじまいだったのだ。

これらの事実から、男性は高速道路上で幽霊の子供を目撃、撮影に成功したのではないかという説が上がっている。一方で、動画に捉えられたこの何とも言えない形のものは、単なるゴミだったのではないかという話もある。

果たして、正体は何だったのか。気になる人は動画を確認してほしい。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©عرب ورلد نيوز – arabworld news YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る