シャンデリアとの結婚を考えている不思議女性がいる

以前、アトラスではボーイング737海賊の幽霊と結婚する事を選んだ女性たちを紹介した。

世の中には変わったものと恋に落ち、実際にパートナーに選んでしまう人も存在しているのだ。

今回紹介するのは、シャンデリアと「交際中」なだけでなく「将来的に結婚したい」と考えている女性アマンダ・リバティさんだ。

彼女のパートナーはドイツ製の93年物のシャンデリア「ルミネール」。彼女はテレビ番組「Steph’s Packed Lunch」のインタビューにて、「私は多くの人と違って、家具や物品を無生物としては見ていません。物体には誰もが知覚できるエネルギーを持っているのです」と語っている。

Woman In Love With Chandelier Plans Wedding




実際、彼女はシャンデリア以外にも「恋心を抱いた」モノがあったそうで、過去にはドラムキットと関係を持った事もあるという。しかし、当然ながら彼女の抱く感情、物品に対する愛情は他人にはなかなか理解されないもの。彼女自身も理解してもらう事は難しいと認めている。

「今でも、なぜ物に恋してしまうのかわかりませんから、この感情を他社に説明するのは難しいです。周囲に理解されてもらえなくても、私は常に自分自身を受け入れてきました。他の人たちにも、ただ受け入れて幸せになってほしいと思っています」とリバティさんは語っている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Caters Clips YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る