【速報】漢方薬が新型コロナの「救世主」に!?

画像©nextvoyage PIXABAY

 次々と各地で変異株が現れ、なかなか収束が見えなくなった新型コロナウィルス。変異株に新型コロナワクチンが果たして発症予防に効果があるか懸念もあり、また新型コロナ重症患者が快復しても後遺症がなかなか治らないことが深刻な問題となっている。

 筆者の知人も新型コロナが重症化し約一ヶ月入院し人口呼吸器も装着した。しかし、退院後も血中の酸素濃度がうすく息切れが頻発するという新型コロナ後遺症に悩まされている。

 病院に「後遺症はいつ治りますか?」と聞いたところ、「わかりません」と言われ、お手上げ状態だそうだ。後遺症には他に脱毛や思考力低下、倦怠感、間接痛、味覚障害など、各人の体質により様々な症状があらわれる。




 一人一人が新型コロナにかからないように免疫力を鍛え予防するのが一番だろう。しかし、現在の西洋医学は主に症状が出てからの対処療法に重点がおかれている為、新型コロナ予防や、体質によって異なる症状が現れる後遺症には限界があるのかもしれない。

 そんな中で、問題解決の切り札になるかもしれないのが漢方だ。

 北里大学東洋医学総合研究所では今年1月から新型コロナ後遺症患者に漢方を処方するオンライン診療を開始したところ、なんと7~8割の患者に効果が出ているという。

 北里大学東洋医学総合研究所の小田口浩所長によると、「新型コロナ後遺症には漢方以外、有力な治療法がない」という。

MEDICAL HALL • Traditional Chinese Medicine Shop • George Town • MALAYSIA-5
MEDICAL HALL • Traditional Chinese Medicine Shop • George Town • MALAYSIA-5 / OXLAEY.com

 金沢大学附属病院漢方医学科臨床教授で、漢方薬の免疫学的研究にも詳しい小川恵子氏も複数のメディアで新型コロナ後遺症における漢方薬処方に関して次のように述べる。

小川氏「新型コロナウイルス感染症の場合、たとえ軽症であったとしても、回復後になお倦怠感、咳、呼吸困難、不眠、不安感など、多彩な症状を訴えることが少なくないと言われています。例えば、回復後に呼吸困難を訴える場合には、罹患後の慢性炎症に対する処方、すなわち小柴胡湯(しょうさいことう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などが適するケースが多くあります。

 同様に、喉の不快感や乾燥感が主体の場合には、麦門冬湯(ばくもんどうとう)や滋陰至宝湯(じいんしほうとう)などが適するケースが多いです。

 どのケースにおいても、処方は患者さんの病態や症状、さらには罹患からの期間などによって変わってきますが、逆に言えば、ここに保険適用分だけでも148もの処方が可能な漢方薬の強みがあるとも言えるのです」

 つまり漢方薬の利点は効果が異なる複数の生薬を組み合わせるところにもあり、患者の体質にあわせて体質を整えていくで治療出来るのだ。継続的に服用すれば新型コロナコロナ後遺症にも効果が出るという。

 後遺症のみならず、新型コロナ予防や発症してから処方して効果が出るとされる漢方薬もある。


画像©深月ユリア

 筆者は知人の大吉漢方メル薬局の漢方薬剤師、大内拓一氏に漢方薬の新型コロナウィルスに対する効果についてインタビューした。

 大内氏は西洋薬・東洋療法共に学び、西洋医学の限界を感じて、大吉漢方メル薬局を開業した。

ー新型コロナに漢方薬が効果があるのですか?

大内氏「東洋医学の考えでは体質から変えていくので、元々生活習慣病(糖尿病、高血圧、癌など)には効果を発揮し完治できます。西洋医学は数値のコントロールは出来ても対処療法なので完治は難しいですが、体質改善では可能です。例えば、漢方では陰陽のバランスをとりながら数ヵ月かけて体質改善していきます。

 新型コロナが重症化する方々は生活習慣病など基礎疾患を持つ方々が多いですが、体質を改善することで予防出来ます。

 漢方薬では例えば予防の段階では、補剤として、補中益気湯、人参養栄湯、十全大補湯など。

 感染して初期の段階で発熱がある場合、重症化予防で麻黄湯など。
 
 熱が落ち着いても咳が治らない場合は、炎症を落ち着かせる柴胡剤など。

 後遺症はその方々の症状や体質にあわせた漢方薬を服用していただきます。いずれにしても、継続的に諦めずに体質強化していけば新型コロナは完治出来ると思います」




ー新型コロナワクチンについてはいかがお考えですか?

大内「個人的な意見ですが、新型コロナの遺伝子組み換えワクチンような異物を体内に入れるのはリスクを伴うので、それより体質改善することが大事かと思います。」

ー東洋医学の考え方だと薬だけに頼らず普段の日常生活も大事ですよね?

大内「はい、『心食動休環』が大事です。精神(ストレスをためない)、食事(バランス良い食事)、運動(適度な運動)、休(充分な休息)、環境(住む環境)です」

ー食べた方が良い食べ物、食べてはいけない食べ物はありますか?

大内「血液を弱アルカリ性に綺麗に保つと良いので、なるべく血液をアルカリ性に傾ける食物(一物全体の根菜、魚、玄米、そば、黒糖)を食べて、酸性に傾ける食べ物(白いパン、肉類、卵、白砂糖)を控えると良いですね。

 実際に、酸性よりのものを多く食べる欧米人は重症化しやすく、古来よりアルカリ性よりの和食を食べてきた日本は重症化しにくいですよね。

 また、生姜など身体を暖める食材を食べると良いです。逆に夏場の暑い時期はともかく生野菜のような身体を冷やす食材は控えた方が良いです」


画像©深月ユリア

 漢方は新型コロナ収束の「救世主」となりえるのだろうか。

 ただし、漢方は個々人の体質にあわせて生薬を調合するので、特定の薬が万人に効果が出る訳ではない。漢方の処方の仕方は千差万別なので、症状が出た際に個人で判断しての買い占めにはくれぐれも要注意だ。必ず漢方医の診察は必須である。

 いずれにしても、世界中のメディアがなぜか新型コロナワクチンの効果とリスクにのみ注目する最中、視野を広げて新新たな可能性に目を向けていきたい。

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る