店だけでなく商用車にまで…マンチェスターのパブで店員を悩ます幽霊

  画像©Hulki Okan Tabak PIXABAY

アトラスでは、幽霊が目撃されたり心霊現象の起きる店舗について度々紹介してきた。

今回紹介するのは、イギリスはマンチェスターのストックポートにあるパブ「ムーアトップ」。この店では以前から従業員らが不気味な音やカトラリーが自然に動く様子を目撃するなど、様々な心霊現象が起きていたという。またあるスタッフはコーヒーマシンの電源がオフになっているにもかかわらず自ら起動するのを見たと主張している。

これまでの事例であれば、幽霊騒ぎは店の建物内部に限定されていたのだが、今回の店舗では店で所有しているバンの中でも不気味な現象が確認されたという。スタッフによれば、夜間車の中に閉じ込められてしまい、他に誰もいないはずなのにつぶやくような声を耳にしたという。




店長のスティーブ・ピリング氏は、新型コロナ対策の休業期間を終え、営業再開した直後にこのような事態になってしまって困惑しているという。彼は今、店の建っている場所やバンが駐車されている場所の歴史を調査して、その地域に幽霊が出る可能性があるかどうかについて調べようとしている。

「誰かが死んだり殺されたりした後、何世紀にもわたって幽霊がその地域に呪縛されてしまうと聞いた事があるので、過去にここで何が起こったのかを知れればと思っています。勿論、いい結果が出るとは限らないのも自覚しております」と彼は語っている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る