ブックメーカー、UFOやエイリアンに関するオッズを大幅ダウン!なぜ?

今年の下半期、アメリカ国防総省は有しているUFOの報告書の情報公開を行う予定だという。これを見越して、アイルランドのブックメーカー「Paddy Power」社が「地球外生命体の情報開示」に関する賭け率を大幅に引き下げたという報告があった。

Paddy Power社は過去にもネッシー関連などの斬新な賭けを提供することで知られており、毎年「地球外生命体の存在が確認されるかどうか」という賭けを行ってきていた。

当初は200分の1という桁外れの確率に設定されていたが、アメリカの新たな情報公開制度の制定によりアメリカ政府が様々な「未確認航空現象」に関する報告書を発表する予定を決めたことからオッズが変動、現在はわずか20分の1の確立になっている。




UFOやエイリアン関連の変わった賭けは多数提供されており、「地球外生命体の公開が間近に迫っている」と考える人向けに「4月末までにビッグイベントが起こる」というオッズが50対1で提供されている。また宇宙人が非友好的だと考える人向けに、「2030年までに人類が宇宙人と戦争する」というオッズが500分の1で提供されている。

何をもってこの賭けが成立するかは不明だが、近い将来地球外知的生命体の存在が確認される日が来れば可能性が出てくるのかもしれない?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Daniela Realpe PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る