エジプトの失われた「黄金都市」、ルクソールで発掘される

エジプトの首都ルクソールの地下に、3000年前の都市が発見されたと考古学者が発表、注目を集めている。

今回の遺跡はツタンカーメンの祖父アメンホテプ3世によって建設されたもので、史上最大規模のものになるという。2020年9月、王家の谷にあるラムセス3世とアメンホテプ3世の葬祭殿に挟まれた地区の発掘を開始したところ、数週間のうちに泥れんがの遺構が出土。

7ヶ月に及ぶ発掘調査で、保存状態の良い大規模な都市遺構であることが判明した。建物の壁はほぼ完全に残り、焼き窯や貯蔵用の陶器を備えた製パン店のある地区や、行政地区、居住地区などに分かれており、各室内には日用品も多く残されていたという。




この都市は古代エジプトの書物にも登場するこの都市は、3つの王宮と賑やかな街並みに関する記録が残されていた印象的な都市であった。しかし、それにもかかわらずこの都市は、昨年から始まった発掘調査で発見されるまでなかなか見つからなかったのだ。

当初発掘チームはツタンカーメンの霊廟の発見を期待していたのだが、結果として別の歴史的な発見に成功したということになる。

ジョン・ホプキンス大学のベッツィ・ブライアン教授は、「失われた都市の発見は、古代エジプトが最も裕福であった時代の人々の生活を垣間見せてくれるだけでなく、歴史上の最大の謎のひとつに光を当てる助けとなるでしょう。アクエンアテンとネフェルティティ王妃は、なぜこの都を捨てアマルナに移ることにしたのか? これから数ヶ月の間に、この遺跡から多くの発見があるのは間違いないでしょう」と述べている。

‘Lost golden city’ of 3,000 years unearthed in Egypt

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Guardian News YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る