「一緒に埋めてください」古着のポケットに不気味なメモが!?

  画像©Jenn Jackson PIXABAY

古着や中古品には、前の持ち主が残した痕跡が残されていることがある。

海外にて、チャリティーショップにて売られていたコートのポケットの中に、恐ろしいメモが入っているのが発見されて話題になっている。

先日、アメリカにてある女性がリサイクルショップで赤いコートを発見。古着であったが状態も良かったので買おうかどうか迷っていたところ、ポケットの1つに手書きのメモが入っていたのを発見。その文章を見た途端、血の気が引く思いをしたという。

なんと、紙切れには「この赤いコートに包んで私を埋めてください」と読める内容だったからだ。




前の持ち主は何を思ってこのメモを残したのか。死装束にしたいと思うほど気に入っていた服だったのか。もちろん、持ち主がこのメモの存在をすっかり忘れてしまい、そのまま気付かずにチャリティーショップに寄付することにした可能性も考えられる。

発見者の女性はこのメモを写真に撮影してFacebookに投稿、多くの反響が寄せられた。

コメントの中にはコートの前の持ち主を悼むものから、ただのイタズラだろうから気にしない方がいいという意見まで様々。中には「自分も売ったり寄付する服のポケットの中にこんなメモを入れるようにしようと思います」と言う人まで現れるほどだった。

いずれにせよ、前の持ち主が名乗り出たりしない限り、真相が明らかになることはないだろう。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る