マスターズゴルフの選手達を魔女が応援していた!?

アメリカのジョージア州にあるオーガスタ・ナショナルGCで行われるゴルフのメジャー大会であるマスターズ・トーナメントを、松山英樹選手が制した。日本の選手がマスターズを制するのは今回が初めての快挙となる。

さて、ここ一番の試合に備えて験担ぎを行うアスリートも少なくない。マスターズの会場となったジョージア州オーガスタ在住の「魔女」が、世界最高峰のゴルファー達に特別なサービスを提供したと報じられている。

オーガスタの「公式魔女」として知られるアマンダ・ウィックラムさんは、自身の超自然的な要素を含んだスポーツ医学で選手達を支援する準備ができている、と地元メディアの取材に答えている。




彼女の店にある商品のいくつかは雑念を払えたり、様々な方法でパフォーマンスを上昇させるのを助けたりすると言われれている。勿論、選手一人一人に適した方法をとることも可能とのことだ。例えばタイガー・ウッズには霊気が推奨され、ジャスティン・トーマスは特別なキャンドルの恩恵を受けると信じているそうだ。

彼女がオーガスタに店を構えたのは偶然ではない。彼女は子供の頃から熱心なゴルフファンであり、幼い時からマスターズに魅了され多くの群衆と共に観戦してきたという。

「魔女のコミュニティを代表し、このような素晴らしい機会を与えられたことに感謝しています!」と彼女は語っている。

松山選手の優勝の背後にも、魔女の力があったのだろうか?

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る