ロシア政府高官、イエティ目撃情報の演出を認めた!

ロシアの広大な土地には獣人型UMAが生息していると言われている。シベリア・イエティやアルマス等の名前で呼ばれているもので、少数民族の伝説にも登場し現代でも度々目撃証言が報告されている。

そんなロシアの獣人UMAに関する目撃証言の幾つかが地元自治体による「仕込み」だったことが判明して話題になっている。

1997年から2018年までケメロボ州知事を務めたアマン・トゥレイエフ氏は、同地域への人々の関心を高めるため、人を雇ってイエティの着ぐるみを着させていたことを告白した。

当初、トゥレイエフ氏はこの地域にあるショリア山脈付近で目撃されていた獣人型UMAの噂に着目し、「イエティの存在を証明できる人には賞金を出す」というキャンペーンを行った。UMAの発見に至った人は少なかったが、彼の目論見は的中し、この地域に足を運ぶ人が増えたという。




しかし、やがてキャンペーンの効果が薄れ、客足が遠ざかるようになった。そこで彼は地区長のウラジミール・マクタ氏に「背の高い人」を雇ってくるよう要請。そしてイエティの着ぐるみを着て原野を動き回るよう募ったというのだ。近年、シベリア・イエティやアルマスの目撃報告が増加したが、その報告のうち難件が「仕込み」によるものかは解っていない。

なお、このような仕込みを行いはしたが、トゥレイエフ氏自身はアルマスが存在すると信じているという。「多くの地元の猟師たちは、人里離れた場所で毛に覆われた2メートルの巨人確かに見たと証言しています。また、科学者たちが確かな痕跡を見つけたりもしています」と語っている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ray_Shrewsberry PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る